So-net無料ブログ作成

『シックス・センス』の簡単なネタバレ



死者を見ることのできる“第6感”を持つ少年、コール。彼の治療にあたった精神科医マルコムに、予想もつかない事実がのしかかる……。驚愕のトリックが世界中を震撼させた、新感覚のスリラー。

<シックスセンスのあらすじ>

小児精神科医マルコムは、長年、第一線で子供たちの“心の病"の解決に人生を捧げてきた。

しかし彼は、以前担当したヴィンセントという少年を助けられなかったことに深く傷つき、最愛の妻アンナとの間にすら深い溝ができ、人生に絶望しかけていた。

そんなおり、8歳の少年コールが新しい患者として現われる。


いつも何かにひどく怯え、母親リンにすら原因を明かさず、ひとり心を閉ざす彼の症状は、自殺したヴィンセントと酷似していた・・・。

懸命の説得の末、マルコムはコールから驚愕の“真実"を聞きだす。コールは言った。

「僕には死んだ人が見えるんだ」・・・。あたかも自分の過去と向き合うかのように、必死の思いでコールを助けようとするマルコムの前に、科学では説明のつかない“何か"の存在が、しだいにその全貌を明らかにしていくのだった・・・。





<シックスセンスの感想>

冒頭、ワインセラーでのちょっとしたシーンからして既に、これから何かが起こりそうだぞ、という予感をぷんぷん匂わせてくる。

その後も、「彼ら」の登場の仕方だったり、種明かしの見せ方だったりがいちいち凝っていて、この映画見るの2回目なのに、新鮮にぞくぞくさせられました。


「ハプニング」でもその「見せワザ」は健在だったけど、その「ワザ」だけで成り立っていて話の中身があるようなないような断片的な印象だった「ハプニング」と違って、この映画は、ストーリーも素晴らしいです。


人には理解してもらえない苦しみを抱えた少年と、彼を救いたいと彼に手を差し伸べる医師、そして、我が子のことを理解してやれずに思い悩む少年の母親、彼らのドラマこそが、実はこの映画の本当の見所なんじゃないかとも思うんです。

特に、親子のシーンはどれも秀逸! です


ラスト近く、車の中でのシーンでは、大泣きしてしまいました・・・。


例の、クライマックスのサプライズに全部持ってかれてそこに至るまでのお話が目立たなくなっちゃってるような印象もある映画ですが、この作品を1回しか見たことなくて、とにかくあの結末しか印象にないっていう人には、ぜひもう一度最初から見てもらいたいです。


1回目で、「結末読めなかった!」って人も、「なんだよあの程度のオチかよ、つまんね」って人も、2回目では、オチとは違う部分での感想を得られるんじゃないかなぁと思います。




共通テーマ:映画 | nice!(1) | 編集

nice! 1

Copyright © 過去の名作は色褪せない-絶対に観ておくべき名作映画- All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
板金

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます