So-net無料ブログ作成

映画『ミザリー』のあらすじとその評価は?



スティーブン・キング原作、豪華映像特典で贈る、サイコ・スリラーの傑作!

映画の言葉“自分と付き合って初めて人と付き合えるのよ"

<ミザリーのあらすじ>

「ミザリー」シリーズで有名な人気作家ポールは雪道で事故に遭い、瀕死の状態を元看護婦のアニーに救われる。

ポールの小説の熱狂的愛読者だった彼女は、彼を手厚く介護する。

だが、新作「ミザリーの子供」でヒロインが死んだことを知り逆上した彼女はポールに心理的・肉体的拷問を加え始める……。




<ミザリーの感想>

スティーブンキングの原作で、映画化されたものです。

雪山で、事故を起こした作家が、彼の熱狂的なファンの女性に、助けられます。

雪深い森の中にあるひっそり佇む女性の家に保護された作家は、看護師だという彼女に、手厚く看護されるわけです。

そして、徐々に回復する作家でしたが、時々彼女の言動などにおかしさを感じていきます。

やがて、彼が書いた新作に彼女は、不満を訴えます。


彼の書いてきたベストセラーのミザリーシリーズは、彼女が崇拝するように、愛していてそれを自分の思い通りに書かない作家に、苛立ちを感じます。

新作なんて書かずに、ミザリーシリーズを書き続けさせようと、無理難題を突きつけ、暴力もふるうのです。

歪んだ理不尽な彼女の考えの所為で、作家は死の恐怖すら感じるようになります。

何とか逃げ出そうと、作家が奔走する時は、ドキドキ、ハラハラします。そして、暴力的な行動に出るときの彼女は、とても冷徹で残酷です。

思わず目を背けたくなるくらい、ひどい扱いを受けます。

ラストに向けて、徐々に彼女に立ち向かおうと頑張る作家を、応援したくなります。

そして、様々な登場人物の思いが浮かび交錯し、トラウマとは何なのか、作家とファンの関係とは何なのか、いろいろ考えながら、楽しめる映画でした。



共通テーマ:映画 | nice!(0) | 編集

nice! 0

Copyright © 過去の名作は色褪せない-絶対に観ておくべき名作映画- All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
板金

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます